移転の際には費用面にも注目しよう

オフィス

今のオフィスが手狭になってきた、より立地条件の良い所で社内外の人達の利便性を高めたいなどといった理由でオフィス移転を考えている企業の皆様の気になる点に移転コストがあるかと思います。オフィス移転をする際には、必要な物品を搬出入して移動させるなどといった物理的な負担や、旧オフィスの契約解除などといった書面上などの手続き面での負担など様々な負担があります。さらに移転の際に作業の一部を業者に依頼する際などのコスト面などの負担も見逃せないポイントで、コストの観点からも業務に支障が出ないような最適な方法でオフィス移転をしなければなりません。特に業者を利用する際などのコストはその業者などにより大きく違ってくるので、事前のリサーチが大事になってきます。

人気の要因には何があるのか

女性

なぜ、コスト面等の様々な負担を強いられることを知りながら、今オフィス移転が人気になっているのでしょうか。その要因には建物の解体技術などの進歩があるようです。近年、都心部やビジネス街を中心に、老朽化が目立つビルを解体し超高層ビル等を建設する、再開発の流れが進んでいます。高度経済成長期に建てられたビルの寿命が近くなってきたという事に加え、観光やビジネスなどで訪れる海外からの客の増加などという点もこうした流れを後押ししています。そのようなビルの解体が以前に比べ容易になり、再開発のスピードも上がってきています。

実際行う前にシミュレーションしてみよう

男性

オフィス移転を実際に行う前に、コストはどれくらいかかりそうなのかをシミュレーションしたいと考えている企業もあるかと思います。オフィス移転業者のサイトなどでは、現在のオフィスの坪数と移転を希望しているオフィスの坪数を入力するなどすれば、おおよそのコストが分かるような検索機能が付いている所もあります。そうした検索システムは、会員登録や実際の依頼を行わなくとも利用出来ることが多いので、困った時にはおおよそのコストを知るために活用してみると良いでしょう。

少しでも節約出来る所を探そう

オフィス

オフィス移転を自分たちで全て行うにしても、業者に一部もしくは大部分を依頼するにしても少しでもコストカット出来るよう、節約出来そうなポイントを見つける必要があります。まず節約出来そうなポイントに原状回復の場面があります。壁紙の張替えなど自分たちで出来そうな部分であれば自ら行う、業者に依頼する場合でも清掃やゴミの分別など出来ることをやっておけばコストカットできる可能性があります。また、デスクなどのオフィス用品も今あるものを移動させるより、中古品を新規購入した方が安上がりになる場合もあります。さらにこのようなコストカットに必要な期間を設けるため、早め早めの移転スケジュールを組んでおく事も効果的と言えるでしょう。

広告募集中